ぼるふ〜草原記

見つけた狼の脂

モンゴル人は、ホントに良い人が沢山です。

私が肺炎で大変だと聞いて、以前一緒に働いたことがる人が狼の脂をgetしてくれました!

せっかく見つけてくれたコレを使わなくては、女が廃る?と早速、治療開始。ただ、狼の脂を背中に塗って、お日様に当たるには9月の草原は寒過ぎ。

ということで、夜寝る前に塗って、ストーブの火で温めることにしました。今年の9月は一瞬寒かったけれど、比較的暖かかったのですが、治療のため、ストーブをつけることに。背中をストーブに当てるだけでは、あまり温まらないと、サンボーがナランの着なくなったTシャツをストーブに当てて、その温まったTシャツを背中に当ててくれました。サンちゃん、良い人と惚れ直す瞬間でした。

でも、やっぱりサンちゃんでした。

治療が始まって5日後のことでした。寝る前に温めたTシャツをいつものように当ててくれたサンボー。

そこで悲劇は起きたのでした。

 

背中に走るビリビリ感!そうです、Tシャツが温まり過ぎて、激熱だったのです!ウギャ〜の叫びと共にTシャツを投げる私の形相にバカ受けのサンボー。こっちは、背中のヒリヒリ感に耐えられず、涙涙。

仕返ししたるーの私に、遠慮しますのサンボー。30分ほどの言い合いの末、諦めた私。

結局、狼の脂のおかげか、肺炎は治りました!

そして、サンちゃんの愛は火傷として残りました。

 

追伸:せっかく肺炎治ったのに、今度は気管支炎になってしまいました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA